“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

おもらしなど不潔行為

失禁が始まると、介護する家族やまわりの方は、大きな負担がかかります。しかし失禁は、治療すればよくなる場合も多い症状です。

そして、失禁にはさまざまな原因があります。トイレの場所が分からなくなってしまったり、トイレを間違えて部屋の隅や廊下などに排尿や排便をしてしまう場合などがあります。また尿意があるので、トイレを探して、衣類を着脱してているうちに失禁してしまうこともあります。そういう場合もあるので、簡単に着脱できる衣類にしたり、少し時間の余裕をみるように声をかけてあげることも大切です。

原因がさまざまなので、その対応も単純にいかない場合が多いのですが、まずは頭ごなしに叱らず、手早く片づけてあげる心がけが大切です。

また、便をいじったり、こすりつけるような行為を弄便(ろうべん)といい、この直接的な原因は便失禁です。排便行為そのもの、そして排便後の始末がうまく行えないことで弄便する場合が多いので、トイレでの後始末に配慮してあげることが弄便を防ぐことにつながります。認知症の人の中には、この弄便や、オムツを外して自分の身体や寝具を汚してしまうような不潔行為がみられることがあります。これはオムツに排便する不快感が原因だと考えられます。トイレでの排便ができる症状の場合は、オムツではなくトイレを利用した排便に切り替えて介護(ケア)するようにしましょう。


Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.