“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

日常生活での介護の工夫【食事】

お世話方法 ~食事について~

食事は、人間が生きていくために必要不可欠で、それは認知症の方でも変わりはありません。ただ、症状の進行によっては食事ができなくなる場合があります。

認知症の方にとっても楽しみの1つが食事のことが多いため、その楽しみをサポートしてあげる工夫をしましょう。例えば、箸が使いにくくなってきてしまった場合は、スプーンやフォークに変えたり、それでも使いづらくて手づかみで食事をとろうとする場合は、そのまま自分で食べようとしている行為を大切にしましょう。手づかみの食事を続けることで、家族以外の方の目が気になるような場合は、小さなおにぎりや1口大にしたおかずを用意してあげましょう。また、食器は軽くて持ちやすいものに変えたり、料理は細かくて、熱過ぎないものに変えましょう。また、食事に時間がかかっても決して急かしてはいけません。自分で食べ続けられることが何よりも大切なので、自分で食べられるような工夫をしてあげることが認知症の方への食事のサポートの基本です。

 

そして、食事介助は症状が重度になればなるほど時間がかかり、介護の中でも忍耐力の要る作業となります。しかし高齢者にとって、「食べること」は日々の楽しみや生きがいをもたらす点からも、非常に重要です。介助する側も食べてもらえる幸せをかみ締めながら愛情をもって接してあげてください。食事の介助をする場合は、まずなんのために介助が必要かを見極めます。飲み込みや咀しゃくなど、食べることそのものに問題がある場合は、調理法や食事内容に気をつけます。 身体機能に問題がある場合は、自助具の利用や食べる姿勢にも配慮して介助してあげましょう。また、毎食ごと、食べた量や食べ残した献立を観察すると、自然と食べやすい、食べられる食事を用意できるようになりますよ。


Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.