“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

「もの忘れ外来」・「認知症外来」

近年では、認知症の専門診療科目として「もの忘れ外来」や「認知症外来」と掲げる医療機関も増えてきました。

もの忘れ外来

「認知症のために病院へかかるのは、敷居が高くて行きにくい」「病気かどうかも分からないのに、病院に行くの?」「ただの老化現象ですよ、と笑われるのでは…」などといった理由から、受診をためらってしまっている方は実は結構います。そうした方を減らすためにも、「もの忘れ外来」は生まれました。

もの忘れ外来で実際に診断してくれる医師(先生)は、精神科、脳神経内科、老年科、脳神経外科といった認知症の専門医です。認知症の可能性を感じた患者さんやその家族の、医療機関を受診することに対する抵抗感を少しでも小さくしようという配慮から、「もの忘れ外来」という名前を掲げているにすぎません。また、「何科にかかったらよいか分からない」といった患者さんも増えている背景もあり、近年では「もの忘れ外来」と総しています。

「もの忘れ外来」を受診すれば認知症かどうか疑いのある”もの忘れ”が、老化現象によるものなのか、病気によるものなのかを診断し、治療してくれます。

認知症外来

認知症外来とは”もの忘れ外来”と同じ医療機関のことを言い、認知症の疑いを診断し、治療をしてくれる医療機関のことです。単純に、掲げている外来の名称が異なるだけです。

もの忘れ外来であっても、認知症外来であっても、発症している病状に対して、検査や面談などを行ったうえで総合的に診断し、その診断結果に応じた内科的・外科的治療や薬物治療を行います。また、症状によっては施設への入居や介護保険のアドバイスなどを行う場合もあります。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.