“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

介護(ケア)の重要性

認知症の治療方法の1つである「介護(ケア)」は、治療の中で最も重要です。

治療と同じくらい重要な役割を果たしているのが、普段の生活で行われる介護(ケア)です。介護者の対応である介護(ケア)の質が、病気の進行を遅らせる場合につながるとも言われているため、治療としての認知症の介護(ケア)は何よりも大切にすべき点です。

【認知症の方への接し方・介護(ケア)するときのポイント】

・認知症の病気を理解する
・認知症の方の身体と心の変化を理解する
・プライド(自尊心)を傷つけない
・会話量を増やす(話すときやゆっくり、聴くときはじっくり)
・認知症の方のできること、輝く話題を探す
・認知症になる前の生活、仕事、趣味、人柄を評価する
・認知症の方の人生、過去の生活や体験を思い出させる(回想法)
・認知症の方の行動や表情から、心の中をイメージする
・認知症の方を人として尊敬する(表面だけでなく、良い点を探す)
・今までの日常生活をできるだけ続ける
・できなくなったことを無理矢理させない
・自尊心を傷つけない
・常に笑顔で接する

 

介護(ケア)の重要性は大きいものですが、何よりも、介護する方の接し方と心のこもった思いやりがポイントです。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.