“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

非薬物療法 ~回想法~

回想法は、アメリカの精神科医、ロバート・バトラー氏が提唱した心理療法です。過去の懐かしい思い出を語り合ったり、誰かに話したりすることで脳が刺激され、精神状態を安定させる効果が期待できます。長く続けることで認知機能が改善することも明らかになり、日本でも認知症患者のリハビリテーションに利用されるようになりました。

回想法とは、本人に過去の思い出を語ってもらったり、昔のできごとや人生を振り返ることで、記憶を刺激して感情の安定を図る心理療法です。具体的には、介護施設などで専門家の指導を受けながらグループで行う方法と、個人で行う方法があります。どちらも、子供の流行った歌や童謡を歌ったり、お手玉やかるたなどの遊びなど、昔の楽しかった体験をしてもらったり、今までの人生を語り合ったりします。必要に応じて問いかけをしながら、思い出話やそうした様子にあたたかく見守ってあげましょう。

認知症の患者にとっての効果は、昔を思い出すことが脳を活性化し、認知症から来る不安感や混乱を防いだり、精神を安定させ、認知機能を改善することに効果があると言われています。また、認知症の特徴でもある新らしい記憶をすることは難しいですが、昔の記憶(長期記憶)はしっかり残っていることが多いです。そのため、回想法で昔のことを思い出すことで、脳の活性だけでなく、昔を懐かしみ精神の安定につながるのです。

そうした精神の安定や、認知症の症状改善を通じて、本人の意欲が高まったり、人とのコミュニケーション意欲の向上にもつながっていくとされています。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.