“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

パーソン・センタード・ケア

「パーソン・センタード・ケア」とは、一体どういうケアだろう?と思う方、初めて耳にする方も少なくないでしょう。

パーソン・センタード・ケアとは、認知症の方を一人の“人”として尊重し、その人の視点や立場に立って、その人を理解してケアを行おうとする”認知症ケアの考え方”のことで、英国のトム・キットウッドが提唱し、最近では日本でも広がりつつあります。

トム・キットウッドは、認知症の状態は5つの要因の相互作用から起こっていると考えました。
5つの要因はこちらです。

① 神経障害(アルツハイマー病や脳血管障がい等による)
② 性格傾向(気質・能力・対処スタイル)
③ 生活歴
④ 健康状態、感覚機能(視力・聴力)
⑤ その人を取り囲む社会心理(人間関係のパターン)
また、認知症の方の介護(ケア)の目的は、その方が清潔で、安全な環境にいることだけではありません。特に、認知症の症状が進行していく際、誰もが異なる身体の状態で、性格や人生や人間関係などもまったく違っているのが、人間として当たり前のことです。

その本人の個別性ともいえる”個性”と向き合うためには、その人がどう感じているかを介護する周囲の皆が理解し、本人を支えようとする気持ちが大切となります。

認知症の方のニーズは、病気にかかる前の今までと同じように、当然の権利としての”一人の人として無条件に尊重されること”を望んでいるものです。単純な作業や業務中心の介護ケアだけではなく、こうした”人中心のケア”の重要性を考えることが、本当の意味での介護(ケア)となります。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.