“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

薬物療法 ~「フェルラ酸」を含んだサプリメント『フェルガード』~

認知症の予防や治療には、生活環境の改善、運動療法といった医療や従来からある治療法だけにとらわれないさまざまなアプローチが提案され、試行が繰り返されています。

その1つとして、医師から処方される薬の服用以外で、認知症の症状の進行を防ぐための効果を期待されているのが、サプリメントの飲用です。間接的に生活習慣病対策として、ビタミンやミネラル類の摂取をすることは一般的になりました。しかし、それだけではなく、認知症の症状の進行を防ぐために薬の服用と同程度の予防を見込まれるとされて、利用することが多いサプリメントが、フェルラ酸成分を含んでいる「フェルガード」です。このフェルラ酸を含む「フェルガード」については、医師が認知症患者に推奨し服用を勧める場合もあるくらい、認知症の予防対策に利用されているサプリメントです。

聞きなれない名前ですが、そもそも「フェルラ酸」という成分、そして「フェルガード」とはどのようなサプリメントなのでしょうか。

まず、「フェルラ酸」は、米ぬかをはじめとする植物の細胞壁などに存在する有機化合物で、ポリフェノールの一種です。このフェルラ酸という成分は、抗酸化作用があるので、老化の原因となる活性酸素の発生を防ぎ、その結果、認知症予防や認知症の症状が進行防止に有効だとされています。また、 認知症のなかでも、特にアルツハイマー型認知症には効果が高いといわれており、論文でもいくつか発表されている。そして、そのフェルラ酸を主成分としたサプリメントが、フェルガードです。

サプリメント(フェルガード)の概要

■薬の働き

・認知症予防、そして、認知症のなかでもアルツハイマー型認知症の症状の進行防に有効だと言われています。

■薬の特徴

・薬ではなくサプリメントのため、飲みやすいものが多いです。
・複数の製薬メーカーから販売されていますが、フェルラ酸の含有量はそれぞれ異なります。

■発売開始時期(認可時期)、販売会社

1995年に「化学的合成品以外の食品添加物」として、2001年に「紫外線吸収用の化粧品原料」として、それぞれ国より認可され、その安全性が認められました。その後、2007年から株式会社グロービアより「フェルガード」、「フェルガード100」が販売開始され、他の会社からも次々と販売されています。

■注意点

・薬ではなくサプリメントのため、飲めば必ず効果が期待できるわけではありません。
・含有量が高いものを多量摂取すればいい、というものではなく、バランスの取れた食事をきちんと3食摂取して、健康補助食品として、食事に加えてサプリメントを服用することが望まれます。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.