“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

薬物療法 ~セロクエル~

認知症のなかで、睡眠障害やうつ病をはじめとする精神異常の症状がみられる患者に利用されることがあります。また、抗精神病薬としてアステラス製薬から販売されています。

セロクエルの概要

■薬の働き

・気持ちの高ぶりや不安感をしずめるほか、停滞した心身の活動を改善する作用があるので、認知症というよりも、統合失調症などの精神病の症状改善を期待して、利用されることが多いです。
・強い不安感や緊張感、抑うつ、そう状態などいろいろな精神症状に応用することがあります。

■薬の特徴

・薬による即時的な効果効能の発揮はあまり期待できない薬です。長期間の療養、慢性的に症状が続く場合の利用が多いです。

■発売開始時期(認可時期)、販売会社

2001年、アステラス製薬株式会社

■注意点

・特に飲みはじめには、起立性低血圧(立ちくらみ)やふらつき、めまいなどの症状を起こしやすいです。
・糖尿病のある人は使用できません。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.