“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

治る認知症もある

「認知症は治らない病気」と一般的に理解されていますが、そうとは言い切れないのが実際のところです。

その理由は、認知症の原因にはさまざまなものがあり、中には適切な治療をほどこすことで治るものもあります。その1つが「突発性正常圧水頭症」です。これは脳や脊髄の表面を循環している脳脊髄液の流れが悪くなって停滞し、脳室が広がってしまう病気で、具体的には、歩行障害、認知症、尿失禁などの症状が起こります。この場合は、外科手術によって治療することができます。

その他にも、脳腫瘍や代謝障害によって引き起こされた認知症の場合は、治療の余地があります。しかし残念なことに患者数の多い「アルツハイマー型認知症」や「脳血管性認知症」については、今のところ完全に治す方法はありません。

ただ、最近では認知症の周辺症状(せん妄や徘徊など)に効果のある薬が多く開発されているため、これらを服用することで、症状をコントロールできるようになり、、それなりに落ち着いた日常生活を過ごされる方も増えてきました。

認知症は、その疾患によって 「治療可能なもの」、「予防が重要なもの」、「治療不可能なもの」に大きく分けられます。

■治療可能な認知症

・外科的疾患:慢性硬膜下血腫・脳腫瘍・突発性正常圧水頭症
・内科的疾患:甲状腺機能低下症、代謝性疾患:ビタミン欠乏症、感染・炎症性疾患:脳炎、髄膜炎

■予防可能な認知症

脳血管性認知症の治療などの薬物があります。これらの薬物療法は、多種類の薬を長期にわたって使います。

 
現在の医学では、認知症の発症そのものを抑えること、中核症状に対する特効薬はまだ発見されていません。しかし、日々進化する現代の医学技術の進行によっては、将来的にはありうるのかもしれません。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.