“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

アルツハイマー型認知症

アルツハイマー型認知症とは?

アルツハイマー型認知症、つまりはアルツハイマー病についてです。
認知症の中で最も有名な病気ですが、実は原因不明です。アルツハイマー病の原因となる根本疾患に関しては、治療する方法は、今のところまだありません。

アルツハイマー型認知症(AD:アルツハイマー病)は、世界的に最も多い神経変性疾患です。正式名称では”Alzheimer’s basket cells”といいます。それは、1907年にドイツの精神科医であるA.アルツハイマー博士が初めて報告した病気のため、報告者の博士の名前が病名につけられました。

アルツハイマー病は、脳内で起こる様々な変化によって脳細胞の性状や性質が変わってしまうために起こります。専門的な話ですが、アルツハイマー型認知症を患った人の脳には、茶色いシミのようなもの(老人斑)が多く確認されています。これは「βアミロイド」という異常なタンパク質が沈着したもので、単純な老化した脳にもしばしばみられる沈着でもあります。ただ、アルツハイマー型認知症患者の方の脳では、比較的早い段階からこの沈着が見られるのが特徴です。

そして、老人斑以外にも変化した神経線維の束が見られるようになり、これらが脳全体にどんどんと蓄積していくことで正常な脳神経細胞が活動できなくなってしまいます。つまり、脳の神経細胞が急激に減少したり、脳が委縮して高度の知能低下や人格の崩壊が起きたり、知能だけでなく身体全体の機能が衰えていってしまいます。そして、二次性の合併症である呼吸器合併症などの疾病によって、最終的に死に至ることも少なくありません。

65歳を境にしてアルツハイマー病は、2つに分けられます。
・65歳未満の場合 「アルツハイマー病(若年型や初老期発症型)」
・65歳以上の場合 「アルツハイマー型老年期認知症(老年期発症型)」

アルツハイマー型の特徴(原因・症状など)

原因

不明

症状など

・40~90歳の間に発症することが多い
・年単位でゆっくりと症状が進行する
・いつ発症したのかが、よくわからない
・症状が軽度の時期からでも診断ができる
・初期の記憶障害から症状の進行にともなって、身体機能が低下(運動麻痺や歩行障害、失禁などの症状)する


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.