“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

その他の認知症【若年性認知症】

若年性認知症とは?

若年性認知症(若年認知症)は、18歳以上、65歳未満で認知症の症状が発症している場合の総称です。若年認知症は、その原因が分かっているものもある一方で、アルツハイマー型認知症と同じように原因が分からないものもあります。

不幸なことに、若年性認知症は老年性のものに比べて病気の進行が早く、40代の患者の場合は2倍のスピードで進行してしまうようです。このような症状の進行の早さに加えて、症状も重くなる、といった特徴があります。

若年性認知症の初期症状では、頭痛、めまい、不安感、不眠などが現れることです。これは、老年性アルツハイマー病と同じような症状でもあります。これらはうつ病に似た症状なので、本人も家族も、まわりの人も気づかないことが多いようです。そして、まさか自分が若年認知症にかかるとは考えないため、病気の発見が遅れて症状が進行してしまってからの診察で判明することもあります。

急に仕事のミスが増えたり、家庭で当たり前にできていたことがのできなくなったりしたときは、まわりの方も気づいてあげることや、なるべく早く発見して早い段階で治療することが重要になります。

若年性認知症の特徴(原因・症状など)

原因

分かっている原因の代表的なものは、「転んだり、事故にあったりして、頭部に強い衝撃を受けた後遺症」「脳の委縮」「遺伝」「脳の血管の詰まりや血流の減少にともなう脳の乱れ」ですが、これら以外にも非常にたくさんあります。また、原因不明なものもあります。

症状など

・頭痛
・めまい
・不安感
・不眠
・老年性認知症と同じく、できごと自体を忘れてしまう”物忘れ”
・徘徊


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.