“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

脳血管性認知症

脳血管性認知症とは?

脳血管性認知症は、その名の通り脳梗塞(脳の血管に血栓という血の固まりがつまった状態)や脳出血(脳の血管が破れて出血した状態)といった、脳の血管に異常が起きた結果、認知症になるものを言います。そのため、脳血管疾患の後遺症の1つとも言えます。

その脳血管性認知症には、突然の脳血管障害をきっかけに急激に認知症が発症する場合と、小さな脳梗塞を繰り返して起こしているうちに徐々に認知障害が現れる場合と、それぞれあります。どちらの場合であっても、症状は段階的に悪化していきます。

特徴的なのは、脳の血管のどこの部位が障害されたかによって症状が異なることです。「記憶力が低下している」のに、「時間や場所は分かる」などといった、できることとできないことが、同時にバラバラと現れることがあります。

脳血管性認知症では、疾患原因とされるのは、ほとんどの場合で”生活習慣病”だと言われています。

脳血管性認知症の特徴(原因・症状など)

原因

脳の血管が詰まったり、破れたりなどの、脳血管に異常が起きたことが原因です。その脳血管障害を起こしやすい要因と言われているものは、高血圧、動脈硬化症、糖尿病、高脂血症などで、根本原因は脳梗塞の多発によるものが大部分約70%を占めます。脳血管障害によって脳の血流量や代謝量が減少してしまい、その変化度合いや変化範囲が、認知症の程度と関係しています。

そのため、規則正しい生活をおくること、食習慣を見直すことなどで回避できる可能性が高いのも事実です。ですので生活習慣病の予防を心がけることが、認知症の予防にもつながります。

症状など

・意欲の低下やめまい
・しびれ
・麻痺
・知覚障害
・パーキンソン病などの神経症状
・感情失禁(涙もろくなるなど)
・言語障害など


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.