“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

レビー小体型認知症

レビー小体型認知症とは?

レビー小体病(Dementia with Lewy bodies)は、認知症疾患の中でも比較的かかる可能性が高く、国際的にも注目されています。そしてこの病気は物忘れの症状も出るため、一見アルツハイマー型認知症に似ていて間違われることもあります。また人によっては、体の動きがゆっくりとなるパーキンソン病に似た症状が出る場合もあり、歩きにくくなることもあり、転倒しやすくなることもあります。

このような背景から、レビー小体は、かつてはパーキンソン病の特徴的なものと見なされていましたが、最近はパーキンソン病の症状がない患者にも見られることがわかってきました。専門的な話では、パーキンソン病患者の場合は、中脳のドーパミン神経が変性脱落しますが、この部分を顕微鏡で丹念に調べると、神経細胞の中に特殊な変化である構造物(封入体)が見えます。この構造物を発見者の名前をとって「レビー小体」と呼んでいます。

特徴は、早い段階で診断を確定することができれば、治療効果が期待できる病気であることです。

レビー小体病は、主に、脳の大脳皮質の多数の神経細胞内に「レビー小体」という特殊な変化が、大脳皮質全体に現れることで発症するもので、レビー小体型認知症、びまん性レビー小体病とも呼ばれています。

レビー小体型の特徴(原因・症状など)

原因

脳内の脳幹や大脳皮質に、レビー小体という異常な細胞内蓄積が起きることが原因です。

症状など

・老年期に発症
・男性は女性の約2倍の発症率
・もの忘れ
・幻視(生き生きした人、虫や動物が動きまわるなど)
・症状の変動が大きい
・パーキンソン症状(歩きにくい、転びやすい、動きが遅い、手が不器用など)
・薬の副作用が出やすい


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.