“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

認知症の初期症状【軽度】

認知症の中でも、その大半を占めるアルツハイマー型認知症の症状についてご説明します。

アルツハイマー型認知症は、ほかの種類よりも比較的ゆるやかに進行します。しかし症状としては、ゆるやかに見える場合でも、時間とともに確実に進行することが特徴です。

もの忘れから始まり、新しく記憶することができなくなり、そして過去のことも忘れていきます。そして自分自身の意思を伝えることが少しずつできなくなっていきます。ただしストレス状況や環境によっては、一気に症状が進行する場合もあります。アルツハイマー型認知症は、症状の進行にともない、軽度、中度、重度と経過します。

では、初期のアルツハイマー型認知症の症状はどのようなことが起きるのでしょうか。

まずは、物の置き忘れやしまい忘れなど、加齢による物忘れがやや亢進したような記憶障害から始まります。これらと同時に感情、意欲、性格といった精神面にも何らかの変化がみられるようになります。しかし、日常生活を送る上で、それほど支障が出ることもなく、会話をしていても普通な場合が多いです。だからこそ、なかなか気付けないことも多いです。

 

初期症状【軽度】の特長

■記憶
最近の出来事を忘れてしまう一方で、昔の記憶は、ほとんど忘れません。

■時間、場所、人物の認識
日付けや年度が不確かになりますが、場所はだいたい分かります。

■会話
日常会話は支障なくこなせますが、記憶を必要とする会話は難しくなります。

■日常生活
趣味や興味があったことに対して関心がなくなっていきます。そして料理などの複雑な作業がきちんとできません。

 

では、次のページでは、軽度から中度・重度に進行した場合についてご説明します。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.