“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

認知症の予防方法

個人よっても違いますが、認知症の予防には、正しい生活習慣を身につけることが重要であることをがわかってきました。

認知症の予防方法

最近では高血圧、糖尿病、脂質異常症など生活習慣病の方は、アルツハイマー型認知症になりやすく、さらに進行も早いという研究報告があり、アルツハイマー型認知症と生活習慣病の関係が注目されています。

高血圧、高脂血症、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病の原因でもある”乱れた食生活”や”喫煙”などは脳血管性認知症の原因でもあります。そのため、食生活を中心とした生活習慣の見直しは、認知症の発症を防いだり、たとえ認知症を患ってしまった場合でも、症状の進行を遅らせるためにとても大切です。また、急激な生活環境の変化や心理面の変化なども、認知症の発症につながる可能性もあると考えられています。

では、認知症の発症を予防するには、どうしたら良いでしょうか。
それは、身体も脳も”老化防止”に取り組むことで、認知症の予防にもつながってくると言われています。

生活習慣病の予防と食生活の見直し

生活リズムを整えること、つまり、栄養、運動、休養のとれた規則正しい生活を送ることは、認知症の抑制につながると考えられています。普段の生活をきちんとすることで、生活習慣病の予防につながります。

食生活では、野菜や果物などビタミンをたくさん摂取すれば老化防止につながりますし、サバやイワシといった青魚も脳の神経伝達を良くすることが知られています。あわせて赤ワインをはじめとするポリフェノールの摂取はアルツハイマー型認知症の脳にみられる老人斑の発生を抑える働きがあるとされています。栄養面では、特にビタミンB郡、ポリフェノールなどの抗酸化物質、カルシウム、亜鉛、鉄などを多く摂取すること、そして、脂肪や飽和脂肪酸、コレステロールなどの摂取を控えることが大切です。

老化防止

定期的に体操や運動をしたり、人と話をしたり、頭を使ったり(囲碁・将棋・チェス・オセロなどのボードゲーム、パズル、文章の読み・書きなど)、音楽を聴いたり演奏したりなど、メリハリのある生活を送り、いつまでも若々しくいること、つまり、老化防止につながるような毎日の心がけが大切です。


“認知症”とは?

有料老人ホーム・高齢者住宅検索なら「探しっくす」

“認知症”とは?

Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.