“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

お悩み4.同じことを何度も・・・

同じことを何度も繰り返し聞かれて、どうしてもイライラします。どのように対応したら良いでしょうか?

[お悩み事例]
同居している母は、「今日は何月何日かしら?」「ご飯は食べたかしら?」「病院に行く日はいつだったかしら?」等、一日に何度も同じ事を繰り返し聞いてきます。

最初のうちは答えてあげるのですが、何回も続くと私もイライラしてしまい、怒鳴ってしまったり、無視してしまうこともあります。そうすると、母は悲しそうな顔をするのですが、またすぐに同じ事を繰り返します。

忙しい時などは特に相手にできないのですが、このままでいいのでしょうか?

解説

確かに、同じ質問を何度もされると、「さっきも同じ事いったじゃない!」と思ってしまいますよね。ただ、認知症の方は、すぐに忘れてしまうのが特徴です。ですので、ほんの一分前に質問をしたことすら忘れてしまうのです。

お母様は常に初めて質問をしているつもりでいます。それに対して、「何度も同じ事言わないで!」と言われても、認知症の方にとっては「初めて聞いてるのになんでこんなに怒ってるのかしら。この人は怖い人。」という風にあなたのことを、意地悪な人と認識してしまうかもしれません。

この、すぐに忘れてしまう、という認知症の特徴を理解し、繰り返し聞かれたら、繰り返し答えてあげればどうでしょうか。忙しい時でも、同じ質問であれば、同じ答えをするだけですのでそんなに手間にはならないですよね。また、答えに困るような質問であれば、その質問をオウム返しして、「どうなんでしょうねぇ。」と穏やかに同調するだけでも、認知症の方はは穏やかに安心されることもありますよ。

認知症の方の特徴を正しく理解すれば、あなたがイライラしてしまう必要はありませんよね。


解説者の経歴: 鶴田 美樹 (Tsuruta Miki)

大学在学中、福祉を専攻。卒業後、医療・福祉に特化した人材派遣会社に就職。いち介護スタッフとして、数々の老人系施設に派遣され、介護現場(養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、ディサービス、訪問介護など)を経験。
たくさんのお年寄り(ご入居者)やそのご家族と接し、様々な生き方、想いに触れる。

5年間の現場経験後、自社運営の認知症グループホームの施設開設準備室に異動。行政対応、現場スタッフ採用、入居者募集などを行う。グループホーム開設後は、介護リーダーを務め、スタッフ育成をはじめ、ご家族対応や入居相談業務を行う。

介護現場での勤務の傍ら、会社本部の教育研修部のアシスタントマネージャーの役職を担う。現場経験の少ないスタッフや社員のスキルアップやメンタルフォローなど約3年間行う。
【保有資格:認知症ケア専門士、社会福祉士、介護福祉士】

顔写真
Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.