“認知症介護の悩み”について、認知症ケア専門士が事例とともにわかりやすく解説しています。認知症の症状や知識、予防から介護の方法まで、知っているようで知らない「認知症」を紹介するサイトです。

お悩み9.さっきご飯を食べたのに…

さっきご飯をたべたばかりなのに、「ご飯はまだか?」と聞いてくる義父。満足するまでご飯をあげてもいいのでしょうか?

[お悩み事例]
同居している義父は、食事が終わった直後にもかかわらず、「ご飯はまだか?」と、毎回のように聞いてきます。

「さっき食べたばかりですよ。」と答えると、「うちの嫁は飯も食べさせん、親不孝もんだ!」とご近所に言いふらしたりして困っています。

満足するまでご飯をあげてもいいのでしょうか?

解説

認知症になると、満腹中枢の働きが鈍くなってくるため、ご飯を食べても満腹感が得られないことがあります。

その上、お義父様の場合は、食べたことそのものを忘れてしまっているので、あなたがいくら「さっき食べたばかりですよ。」と伝えても、「まだ食べてない、お腹も空いてる。お前は嘘つきだ。」となるわけです。その場合は「お腹が空きましたね。」と共感しつつ、「ご飯は○時からですよ。今準備をしてきますね。」と伝えてみたり、それでもお様らなければ、お茶やお菓子をお出ししてみても良いでしょう。

また、お義父様の興味のある話しを出して気をそらせたり、好きな音楽をかけてみるのも手ですね。とにかく、お義父様は、あなたを困らせるために、そんなことを言っているわけではない、ということを理解しておいてくださいね。本当に「まだ食べてない。」と思っているだけなのですから。

薬の服用は、専門の医師とよく相談しながら、慎重に調整してみてくださいね。


解説者の経歴: 鶴田 美樹 (Tsuruta Miki)

大学在学中、福祉を専攻。卒業後、医療・福祉に特化した人材派遣会社に就職。いち介護スタッフとして、数々の老人系施設に派遣され、介護現場(養護老人ホーム、特別養護老人ホーム、有料老人ホーム、ディサービス、訪問介護など)を経験。
たくさんのお年寄り(ご入居者)やそのご家族と接し、様々な生き方、想いに触れる。

5年間の現場経験後、自社運営の認知症グループホームの施設開設準備室に異動。行政対応、現場スタッフ採用、入居者募集などを行う。グループホーム開設後は、介護リーダーを務め、スタッフ育成をはじめ、ご家族対応や入居相談業務を行う。

介護現場での勤務の傍ら、会社本部の教育研修部のアシスタントマネージャーの役職を担う。現場経験の少ないスタッフや社員のスキルアップやメンタルフォローなど約3年間行う。
【保有資格:認知症ケア専門士、社会福祉士、介護福祉士】

顔写真
Copyright © MEDICAL RESOURCES Co., Ltd. All Rights Reserved.